ゼノサーガエピソード3 攻略ガイドwiki [ゼノサーガ3 攻略サイト] 攻略 wiki

- キャラクター紹介 -


トップページ > キャラクター紹介



シオン・ウヅキ

本ゲームの主人公。巨大複合企業、ヴェクター・インダストリーに所属し、KOS-MOS開発計画に携わる才媛であったが、グノーシス現象にヴェクターが関わっていることに気づき、半年ほど前に退社。現在は地下組織「スキエンティア」と手を組み、ヴェクターの悪事を明るみにするべく活動を続けている。
一見すると明るく前向きな性格に見えるが、幼いころ紛争に巻き込まれて両親を亡くし、3年程前にはKOS-MOS起動実験中の事故で恋人を亡くすという辛い過去を背負っている。今作では彼女の過去に詳しく触れることにより、14年前、旧ミルチアで起こった真実、延いてはシオンの本当の役割が明らかになっていく。


KOS-MOS

人類に明らかなる敵意を持って接してくる謎の生命体「グノーシス」に対抗するためにヴェクター・インダストリーによって開発された戦闘用アンドロイド…となっているが、謎めいた行動が多く、別の目的も見受けられる。本来は感情を持たない戦闘兵器のはずであるが、シオンは何度かKOS-MOSに対して「感情の揺らぎ」を感じている。
KOS-MOSに「こころ」は存在するのか。今作ではそれが非常に重要な鍵となっていく。


モモ

この世界に広く普及しているレアリエン(合成人間)で、グノーシスを捕捉する能力を持つ「百式観測器」のプロトタイプ。
性格は素直で献身的。幼い外見から一見か弱そうに見えるが、E.S.の操縦や戦闘にも長けている。製作者は稀代の天才科学者と謳われたヨアキム・ミズラヒ(故人)と、ユリ・ミズラヒ夫妻。
体内にヨアキムの研究成果の集大成"Y資料"を保持していたため、その資料を廻ってトラブルに巻き込まれ続けた。Y資料解析終了後の現在は本人の希望もありJr.達のサポートに従事している。


Jr.

オリジナルゾハルの制御デバイス、ウ・ドゥに対抗するために人工的に生み出された生体兵器"U.R.T.V."の1人。669人製造されたU.R.T.V.の中でも変異体と呼ばれるJr.は極めて高い戦闘能力を保持しており、27歳にもかかわらず外見が少年のままいうこともその能力に関係しているようだ。特殊財団クーカイ・ファウンデーションの代表理事であり、特殊な能力をもった人々の救済、保護を精力的に行うほか、第二ミルチア政府や接触小委員会の依頼等も受けている。今回はユリ・ミズラヒの依頼により"宇宙に忽然と姿を現したある浮遊大陸"の調査に乗り出すが、そこで見た大陸とは…?


ケイオス

常に憂いをたたえた表情と汪洋としたしゃべり口調が特徴の線の細い少年。
数年前より貨客船エルザにクルーとして乗り込んでいるが、詳しい出自、実年齢などの一切が不明であり、彼自身も語ろうとはしない。科学の域に属さない不可思議な力を行使することができ、その力の一端を使ってグノーシスを一瞬で消滅させて見せたこともある。
彼はその力で何を望み、何を成しえようとするのだろうか。


ジギー

星団連邦政府接触小委員会所属の戦闘用サイボーグ。過去に連邦警察第1875特殊作戦司令部に所属していたが、殉職したのち戦闘用サイボーグとして復職をする。
自らが人間であった証、サイボーグ化した身体に僅かに残った生体部品の除去を望んでいたが、M.O.M.O.やJr.達と出会うことにより、そういった考えは若干改まったようである。
しかし、そのために生体脳にノイズとして残った生前の辛い思い出を忘れられぬまま日々を過ごしている。


ジン・ウヅキ

元星団連邦特殊作戦軍情報部の大尉で、シオンの兄。軍籍にあったころはマーグリスの直属の部下であり、同じ師の下でともに剣術を学んだ仲であったが、ミルチア紛争の折にマーグリスらの反逆に気づき、秘密裏の諜報活動という相反する立場をとることとなる。
当時、ミルチア紛争の現場にいたことから、幼いシオンが受けたトラウマの原因に気づいてはいるが、そうであるが故にシオンへの距離を測りかねては度々衝突している。しかし誰よりも心配しているのは事実であり、口うるさい忠告もシオンを思ってのことである。
けれども、シオンがジンの気持ちを理解するときは来るのだろうか…


カナン

ヴェクター・インダストリーによって制作された特殊記録素子搭載型レアリエン。
データのバックアップや解析能力に優れているだけでなく、E.S.の操縦技術や、格闘戦闘などの能力も通常のレアリエンに比べ突出している。プログラム・カナンというシステムを搭載しているが、それがどういったプログラムであるかはカナン本人ですら知らない。
特定の期間中のみプレイヤーキャラクターとしての操作が可能。


ミユキ・イツミ

ヴェクター・インダストリー第二開発局所属のシステムプログラマー。
シオンとアレンの後輩で、常に明るく元気な性格が取り柄。新兵器の開発を趣味とし次々と武器を開発してはシオンにテスト運用を頼んでくる。
今作ではカナン同様特定の期間中のみプレイヤーキャラクターとしての操作が可能。


T-elos

開発コードTP-XX、略式名称"T-elos(テロス)"。反応速度、ヒルベルト強度ともKOS-MOS実戦筐体の3倍の出力を誇る。KOS-MOSに替わるプロジェクトゾハルの要として登場した。
外見は髪や肌の色こそ違うものの、KOS-MOSに瓜二つ、設計元、設計者の詳細が一切不明。
一応現在の開発責任者は「ロート・マンテル」なる人物となっているが、彼の経歴さえも謎に包まれているというかなり怪しい代物である。
目的は不明だが、敵意を持つかのようにKOS-MOSに度々攻撃を仕掛けてくる。


アレン・リッジリー

ヴェクター・インダストリー第一開発局所属。
シオンの退職により、KOS-MOS開発計画の新主任に着任した。
以前よりシオンに想いを寄せているが、今のところまったく通じていないようである。有名大学を卒業し、一流企業勤務、さらに実家は資産家というバックグラウンドをほとんど感じさせない切ない人物…と思われていたが、今作ではなんと命をかけてシオンへの愛の深さを証明する。


ネピリム

シオンの前に度々現れる少女で、ぼんやりと発光した身体からも分かるように、おそらく人ではない。
近頃シオンの身体に起こっている不調についても何かを知っているようで、以前よりもさらに謎めいた言葉を口にし、シオンを翻弄する。アベル、ケイオスとも顔見知りのようで、特にケイオスに対しては、時に責めたてるような言動をすることも。


アベル

プロジェクトゾハル統合先進技術試験場内でシオンが出会った少年。
試験場内に居住しているとのことで、現在はユリ・ミズラヒ(※1)の監視下にある。他者と言語コミュニケーションをとるということをほとんどしないため、回りのスタッフでさえ彼の声を聴いたことのある人は少ない。試験場内を勝手に徘徊しているらしく、度々捜索の放送が流されることも…
彼が試験場内にいる理由とは?


※1.ユリ・ミズラヒ…モモの開発者であり、戸籍上の母親でもある女性。


ディミトリ・ユーリエフ

Jr.たちU.R.T.V.を生み出した科学者。ミルチア紛争以前に死亡したといわれていたが、U.R.T.V.のうちの一人であるガイナン・クーカイの身体を特殊な能力により乗っ取り、復活を遂げる。もと星団連邦枢機院議員で、連邦内部に強いコネクションを持っており、現在はプロジェクトゾハルの指揮を執っている。十数年の沈黙を破って表舞台に現れたその目的とは?


セラーズ

旧ミルチアにおいてヨアキムとともにゾハルの研究を行っていた人物。ヨアキムに対して異常なほどのライバル心を抱いており、ヨアキムの死後もなお彼を超えることを目指している。過去にU-TIC機関に所属していたが、現在はディミトリ・ユーリエフのもとでオメガ・レース・ノワェ※の開発、調整を行っている。


※プロジェクトゾハル統合先進技術試験場で研究が進められているオメガの正式名称。


シェリィ・ゴドウィン

クーカイ・ファウンデーションが所有する戦艦デュランダルのオペレーターを務める女性。聡明で物静かな美女。過去に製薬会社の非合法の試験体だったところをJr.とガイナン助けられたため、二人を深く信用している。


メリィ・ゴドウィン

Jr.をサポートし、彼の不在時には戦艦デュランダルの総指揮代理を務める女性。
明るい性格でデュランダル内のスタッフや百式レアリエンをテキパキと取りまとめている。シェリィと同じ経緯で保護されたため、Jr.とガイナンを深く信用しているが…


ドクトゥス

地下組織スキエンティアに所属する冷静沈着なエージェント。主に潜入や実戦部隊の指揮を執っており、現在はシオンとともにU.M.N.に関する調査活動行っている。


マーグリス

結社オルムスの異端審問官長。かつて星団連邦特殊作戦軍大佐であったが、連邦軍に入る以前よりすでに、オルムスとのつながりを持っていたようである。冷酷無比な剣の達人で、その実力はジン以上である。CGは15年前、大佐であった頃の軍服姿。今作ではミルチア紛争時においてのマーグリスの立ち回りが明らかになるようである。


ペレグリー

結社オルムスの異端審問官。マーグリスの片腕としてU-TIC機関およびオルムスの実働部隊の指揮を執っている。マーグリスに対して人道を説くなど一見すると優しげな人間に思えるが、組織の目的のためには非情に徹する姿勢を見せる。CGは15年前、星団連邦軍人であった頃の姿。当時ジンとは何らかの関係を持っていたようであり、それを察することの出来るエピソードも垣間見られるかもしれない。


ヴィルヘルム

ヴェクター・インダストリーの創始者にして総帥を務める青年。しかしあくまでもそれらは表の顔であり、裏では謎の集団"外套者(テスタメント)"達を使役し、シオンやKOS-MOSたち―ひいては、宇宙で起こっているある事象に干渉しているようである。その干渉が、何を意図してのことなのか―彼自身の望みもストーリーの進行とともに明らかとなっていくであろう。


ヴォイジャー

外套者たちの一員で黒い外套を身に纏っている。ジギーは彼のことをヴォイジャーと呼称しているが、外套者の一員となる以前から二人は顔見知りであったようだ。
強大な力を手に入れることに渇望をしており、特にジギーと戦うことに対して異様な執着を見せる。果たして二人の間にある因縁とは…?


ケビン・ウィニコット

赤い外套を身に纏った外套者の一員。ヴィルヘルムと度々話しこむ様子が見られることから、他の外套者たちと比べると頭ひとつ分、彼と近い場所にいるように感じられる。KOS-MOS(元型)起動実験中の事故死により外套者の一員となった彼は、生前はシオンの恋人であり、KOS-MOSの基礎理論を提唱した人物だった。
外套者としてシオンの目の前に現れた彼に対し、シオンはいかなる行動に出るのだろうか―。


ルイス・バージル

青い外套を身に纏った外套者の一員。以前シオンの搭乗していた戦艦がグノーシスに襲われた際、KOS-MOSの銃弾に打ち抜かれて死亡した。のちに外套者として復活し、遠巻きながらもシオンたちに干渉してくるようになるが、その理由や外套者となった意図は不明。生前はレアリエンの体組織を体内に取り込むことによっておきる病、「DME中毒」に侵されており、そのDME中毒になった原因が、現在のバージルの行動理由に結びついているようなのだが…。


アルベド・ピアソラ

白い外套を身に纏った外套者の一員。U.R.T.V.であった彼は欠損した体組織を無限に再生する特殊能力を持っていた。しかし、対存在であるJr.との戦いにより永遠の死を迎えることとなった―はずであったが、外套者となって再びJr.の前に姿を現すことになる。Jr.の手にかかり死亡した際に、心の安らぎを感じていたことは確かであるはずだが、それを反故してまで外套者として復活した理由とは―?


フェブロニア

ヨアキム・ミズラヒによって設計・開発された次世代タイプの特殊レアリエン。心優しく物静かな性格で、暇な時間を見つけては入院しているシオンの母の代わりに幼いシオンの面倒を見ていた。教会で祈りをささげていたところで負傷した18歳のバージルと出会い、命を助けることとなる。


マイ・メイガス

ミルチア南東に位置する鉱山で暮らしている少女。幼い頃に両親を亡くしたため祖父と二人で生活しているが、父の形見のオーティック「リューポルド」を戦闘用にカスタマイズして鉱山の平和を守ろうとするなど、かなりお転婆な性格をしている。鉱山を訪れたシオンたちをU-TIC機関の関係者だと勘違いして襲い掛かってくる。



トップページ > キャラクター紹介