かまいたちの夜×3 攻略ガイドwiki [かまいたちの夜3 三日月島事件の真相 攻略サイト] 攻略 wiki

- 俊夫編 -


トップページ > 俊夫編

俊夫編


序章 アパートで1人


18:00 湖の小屋 再び三日月館へ

  • A:俺は必ずこの謎を突き止めてやる
  • B:しかし、俺にできるだろうか? ⇒俊夫編分岐4-1

18:05 湖の小屋 船長が来て

  • A:過去の事件もすべて怨念とやらの仕業だったとでも言いたいのか?
  • B:俺を怖がらせて笑いものにしよとでも思ったのか?
  • :遠回しに「帰れ」と言

18:40 宿泊室 自室で考える

  • A:ここまで来たからには、必ず何かを掴むまでは帰れないと俺は思った
  • B:どうにも俺は、自分が無駄足を踏んでいるような気がしてならなかった
    • 俊夫編分岐4-1,4-2を選択した場合
    • 終 No37 俺は帰る
      	

18:45 応接室 懐かしい顔ぶれ

  • A:「相変わらずの食い気だな……」 ⇒俊夫編分岐1
  • B:……と言いかけたが黙っておくことにした

18:50 応接室 美樹本が来て

  • 【啓子編の行動により変化】
  • 俊夫編分岐1
  • A:「お前の操縦がヘタだからじゃないのか」 ⇒俊夫編分岐2
  • B:……と言いかけたが黙っておくことにした

18:55 応接室 透が来て

  • 俊夫編分岐2
    • A:「可奈子ちゃんにも気があるのか」
      • 終 No38 なぜバナナが……?
    • B:……と言いかけたが黙っておくことにした

19:00 応接室 七時の時報

  • A:もしこれがみどりの手料理なら……
  • B:せめてここに酒でもあれば……

19:05 食堂 お斉

  • A:俺も料理を少しずつ口に運んだ
  • B:俺はやけくそ気味にがっついた
  • C:俺は言った。「カップラーメンください」

19:30 食堂 食事が終わって

  • A:シャンデリアを見上げてため息をついた
  • B:暖炉に目を向けて感嘆の声を上げた
  • C:かかった費用を想像して身震いした

  • A:香山さんもいよいよ頭がおかしくなってしまったんじゃないか?
  • B:何か裏の事情があるんじゃないか?
  • C:ここをリゾート地にして商売でもするつもりなんじゃないか?

  • 【透編の行動により変化】

  • A:まだ未練があるのだろうか?
  • B:恨みに思っているのだろうか?

19:35 食堂 俊夫の質問

  • A:俺は堪らず怒鳴りつけた「おまえたち、忘れちまったのか!」
  • B:俺はわめき散らしそうになるところをぐっと堪えた

  • A:「それはどうでしょうかね」俺は香山さんに一言言ってやることにした
  • B:俺は何だか気に入らなかったが、誰も文句を言わないようなので黙っていることにした

  • 【香山編の行動により変化】

20:10 2Fロビー 息苦しさを覚えて

  • A:自分の部屋から近い東の角部屋に向かうことにした
  • B:多少遠回りになるのを覚悟して西の物置部屋に足を向けた

20:10 応接室 皆が呼ばれて

  • 香山編 終 No3 財宝に目が眩んで…… の場合
  • 終 No39 働け俊夫さん

20:20 宿泊室 真理の心配

  • A:気になって外を見た
  • B:気にせず真理ちゃんの話に耳を傾けた

20:40 宿泊室 物思いに耽る

  • A:とりあえず落ち着こうと思った俺は、鞄の中のウイスキーに手を伸ばした
  • B:鍵のことが気になった俺は、香山さんをたずねてみることにした

20:50 2Fロビー 啓子が来て

  • A:「香山さん、どこに行ったか知ってる?」気になっていることを訊いてみた
  • B:「こんな見取り図があったの、知ってた?」当たり障りのない話をふってみた
  • C:「可奈子ちゃんとは、最近どう?」余計な詮索をしてみた

  • A:俺は何も聞かなかったようなふりをした
  • B:「……大切な人?」俺はあえて聞き返した
    • 啓子編 終 No65 世界一周 の場合
    • 終 No41 俺はキューピッド

  • 透編 終 No14 TDLって…… の場合
  • 終 No40 TDLでデート

20:55 2Fロビー 啓子と透

  • A:香山さんなんだろうか?そう思い、俺は食堂の扉を開けた
  • B:俺は何だか妙な胸騒ぎを覚え、香山さんの部屋に向かった

21:25 1Fロビー 全員が集合して

  • A:隠していても仕方がない。俺ははっきりと説明した
  • B:まだ分からないことが多い。俺は曖昧に答えておくことにした

  • 【透編の行動により変化】

  • A:そんなこと言ってる場合じゃないだろう。勝手な真似しやがって
  • B:また同じように事件が起きてしまったんだ。無理もない
  • C:本当だろうか?俺たちに隠れて何かしてるんじゃないのか?

  • A:「馬鹿だな。拳銃を持っている奴が灰皿で人を殺すわけないだろ」俺は半ばあきれて言った
  • B:「拳銃?……そこまでは考えてなかったな……」俺は急に不安になった
  • C:「大丈夫だ。その時は透くんを盾にする」俺は真顔で言った

啓子編 終 No66 大福餅は涙味 の場合
終 No42 なぜ玄関が?

21:30 1F廊下 一階西側の捜索

  • A:どうして場を混乱させるようなことをするんだ。俺はキレそうになる気持ちを懸命に抑えた
  • B:女の子だし、大目に見てやるか……。俺は何より彼女たちが無事だった事に安心した
  • C:「謝って済むような問題じゃない!」俺はキレた

21:45 地下室 地下室へ

  • A:貯水用のタンクの下だ。大人が入れそうなほどの隙間はないが、何か手がかりを残している可能性はある
  • B:ボイラーの裏側だ。この地下室で隠れられそうな場所といったら、せいぜいここくらいのものだろう
  • C:バルブのある扉の中だ。ここには館を水没させるための放水弁がある

22:00 整備室 梯子を降りて

  • A:犯人が隠れるならここだと確信した
  • B:先に進むのは危険な気がした
  • C:つくづく奇妙な館だと思った

  • A:近寄ってチェーンにそっと手を触れた
  • B:近寄ってチェーンを思い切り引っ張った

22:10 B2水路 正体不明の死体

  • 【透編の行動により変化】

  • A:香山さんの死にあるんじゃないかと思った
  • B:コートを着た謎の人物にあるような気がした
  • C:一年前の事件にあると思い、振り返ってみた

  • A:ここから出る方法がないことは分かった。他の場所を捜索した方がいいだろう
  • B:やはりこの死体が気になる。もう少し調べてみた方がいいかもしれない
    • 終 No43 地下室でコートの男に……

22:15 1F廊下 事件現場の捜索

  • A:何かトリックでも使ったのかもしれない
  • B:管理人室の鍵のスペアキーがあったのかもしれない
  • C:……分からない

  • A:美樹本の言うことももっともだと思い。頷いた。
  • B:それでも隠し事をするのは良くないと思い、首を横に振った。

22:25 応接室 推理

  • A:地下室で発見した財宝を独り占めするため?
  • B:去年の事件に関する口封じのため?
  • C:動機なんていくらだって考えられる
  • D:どう考えても透くんが殺したとは思えない

  • A:「さあね。覚えてないな」と、とぼけてみせた
  • B:「何か細工でもしたんじゃないのか?」と、勘ぐってみた
  • C:「鍵を二つ持ってるとしたらどうだ?」さらに追い打ちをかけた
  • D:「………」何も言い返さずに黙っていた ○
    D以外を選択すると、透編で鍵の推理が出来なくなります

22:30 応接室 鍵の謎

  • A:俺は念のために鍵を受け取り、子細に眺めてみた
  • B:俺はどうせ細工の跡なんかないと思い、受け取らなかった

22:35 2F廊下 マスターキー検証

  • 透編 終 No18 啓子ちゃんが犯人だ の場合
  • 終 No44 犯人よ地下室で眠れ

  • A:その表情の一つひとつを眺め、妙な反応をしている人物はいないかと探った
  • B:動揺を隠せない彼女たちを見ていられなかった

22:40 2F廊下 ある仮説

  • クリアフラグ1(透編)
  • A:香山さんを殺したのは春子さんじゃない
    • A:いや、共犯者はあんたじゃない
      • A:俺たちが調べていなかった空き部屋に隠れていると思う
           終 No45 労働の日々
      • B:俺たちが見つけられないような場所に隠れていると思う
           A:今日、見つけたばかりの地下室だ
             終 No45 労働の日々
           B:あいつが走り去っていった食堂だ
             A:他に隠し部屋があるそうな場所はないだろうか?
               A:そうだ、空き部屋だ
               B:いや、地下室だ
               終 No45 労働の日々
             B:隠し部屋の存在を知っていそうな人物はいないだろうか?
               A:そういえば、死体があるじゃないか
               B:そういえば、遺体がないじゃないか

       A:水路を流されてきたんだ
       B:泉に突き落とされたんだ


       A:あの場所で立てた、みどりへの誓いを思い出した
       B:あの場所で転がり落ちた、みどりの結婚指輪を思い出した


       犯人の名前を入力 文字を反転【むらかみ
       クリアフラグ2(俊夫編)

  • B:いや、共犯者はあんたしかいない
    • 終 No45 労働の日々
  • B:物置部屋に上がる方法ならあるじゃないか
    • 終 No45 労働の日々

  • クリアフラグ2(俊夫編)
  • A:いや、どこにいるかもう見当はついている
    • A:この食堂だよ
      • A:この食堂で嗅いだ、線香の匂いだ
      • B:物置部屋の前で嗅いだ、線香の匂いだ
      • クリアフラグ3(俊夫編)
      • 終 No48 無慈悲な銃声
    • B:封印された空き部屋だよ
      • 終 No46 村上を探していれば……
    • C:地下室だよ
      • 終 No46 村上を探していれば……
  • B:いや、俺たちに奴を見つけるのは無理だ
    • 終 No46 村上を探していれば……

23:15 応接室 第二の事件

  • A:とりあえず透くんたちに報告しようと応接室へ向かった ⇒俊夫編分岐3
  • B:美樹本の死体に突き刺さった鎌を抜いておくことにした ⇒俊夫編分岐6

23:30 食堂 泣きわめく可奈子

  • 俊夫編分岐3
  • A:しかし俺はみんなを引き留めた
    • A:胸に突き刺さっていた風切り鎌だ
    • B:テーブルの上に置いてある線香立てだ ⇒俊夫編分岐5
      • 終 No51 コートの男は?
  • B:俺も急いで食堂を後にした

23:35 食堂 確かめなければ

  • 透編分岐7
  • 終 No52 探索と逃避

  • 啓子編 終 No77 元の日常へ の場合
  • 終 No53 謎多き結末

23:35 食堂 村上の計画

  • 透編 終 No21 俊夫さんを襲った凶弾 の場合
  • 終 No47 死という解放

23:45 宿泊室 手がかり

  • A:一階の見取り図をよく見てみた
  • B:二階の見取り図をよく見てみた

  • 透編 終 No30 なぜ俊夫さんが……? の場合
  • 終 No54 透くんと刺し違える


23:45 食堂 決着

  • 香山編 終 No6〜No9 の場合
  • 終 No49 罪と償い

23:50 2Fロビー 隠された扉

  • A:不用意に動き回るのも危険に思えて、しばらくこの場でじっとしていようと思った
  • B:一応無事を確認しておこうと思い、可奈子ちゃんたちの様子を見に行くことにした
    • 終 No55 物陰からの一撃

23:50 食堂 食堂に残されて 〜 0:10 2Fロビー 気になるもの

  • 透編 終 No24 暗闇の中ドアノブが の場合 
  • 終 No50 格納室で何者かに

0:00 1Fロビー 12時を過ぎて

  • A:俺は、やはりあの予告状は犯人のハッタリだったのだと思った
  • B:俺はこの瞬間に犯人が襲ってくるかもしれない、と警戒した
  • C:もしかして犯人は既に俺たちを殺す手はずを整えていたのかもしれない、と不安になった

  • A:俺は階段へ向かって思い切りダッシュした
    • 終 No56 春子さんの部屋で
  • B:俺は二人を階段の方へと促した

  • 透編分岐8
  • A:半ば反射的に水に飛び込んでいた ⇒俊夫編分岐8
    • A:一階の見取り図がないか探した
      • 終 No57 光に向かって泳いだ
    • B:二階の見取り図を注意深く観察した
      • A:単なる無差別殺人なんだ
      • B:三人には何か共通点でもあったのかもしれない
      • 終 No58 闇に浮かぶ顔
    • B:急いで踊り場へ避難した

0:05 2F階段 死体が流れてきて

  • A:この男は一体誰なんだ
  • B:この死体はどこから流されてきたのだろう

0:15 宿泊室 みんなの安否

  • A:別れ際の様子から、彼女が死ぬつもりだったとは思えなかった
  • B:後を追うなら美樹本のそばで死ぬんじゃないかと思った
  • C:誰かに殺されたんじゃないかと思った

  • A:透くんに再度注意を促し、ドアをそっと開けた
  • B:透くんに合図してから、二人で一気に押し入った

  • 透編 終 No35 ぼくは真理を殺した の場合
  • 終 No59 その顔は

  • 透編 終 No36 なぜ生きてるんだ? の場合
  • 終 No60 まさかの顔

  • 啓子編へ


トップページ > 俊夫編